借金を頼んでくる人のタイプの詳細

借金を頼んでくる人のタイプ

"今まで私の周りには、借金を頼んでくる人がそれほどたくさんいたわけではありません。しかし、社会人になってから、何度か「お金を貸してほしい」と頼まれたことがあります。数少ない経験からではありますが、借金を頼んでくる人をタイプ別に分類してみたい、と思います。
まず、1つ目のタイプは、金使いが荒い人です。この手のタイプの人は、お金があればあるだけ使ってしまうようです。十分なほどの収入を得ていても、貯金がまったくないのです。それとなく話を聴いてみると、子どもの頃からお小遣いをもらうと、欲しかった物を買いに走っていたようです。
また、2つ目のタイプは、金使いは荒くないのだけれど気が弱い人です。会社の業績が悪化して退職せざるを得なくなったのですが、退職したことを奥さんに打ち明けられなかった人がいます。その人は、元の生活を維持するために、借金を繰り返していました。ついに、奥さんに借金がバレてしまい、「最初から話してくれればよかったのに」と嘆かれたそうです。
さらに、3つ目のタイプは、異性関係でだまされる人です。マジメな性格で仕事熱心なため、職場でも信頼されている人がいました。しかし、恋愛経験がなかったため、クラブに勤める女性にだまされてしまったのです。ダイヤの指輪やブランド物の洋服など、彼女が欲しがる物をすべて買ってあげていました。そのうち、借金してまで彼女のためにプレゼントするようになってしまったのです。
借金を頼んでくる人にも、いろんなタイプの人がいるな、と思います。"